カントン包茎


カントン包茎

カントン包茎

平常時には亀頭が露出せず、勃起時に手などで露出しようとしてはじめて露出しますが、亀頭先端を覆う包皮のせまい部分がペニスを過剰に締めつけるのがカントン包茎です。
無理に包皮を反転させると、包皮のせまい部分がペニスを締め付けたり、亀頭がうっ血して包皮を元に戻せなくなったりします。勃起時にのみ締め付けがおこる場合もあります。無理に広げられた包皮が切れて感染症の原因になったり、うっ血部分が壊死する恐れがありますので、速やかに医療機関で治療を受ける必要があります。包皮が元に戻らず締めつけが起きている場合のみ、保険が適用されます。

治療・手術におけるポイント

真性包茎と同じく、狭官部(締めつけている部分)の処理が重要です。
外側の包皮ではなく、包皮の内側のコレス筋膜という筋膜の一部が締めつけを起こしています。余分な締めつけを取るところを、見誤って必要な締めつけを取ってしまったり、筋膜の中を通っている神経を傷つけて後遺症を残してしまうなどの危険があり、医師の確かな技術が必要な手技です。