仮性包茎


仮性包茎

仮性包茎

仮性包茎は、平常時は包皮(ペニス表面の皮膚)が被って亀頭が自然に露出しませんが、包皮を自分で剥けば(反転させる)亀頭を露出させることができ、また勃起時には自然に亀頭が露出します。
以前は、本人が気にならなければ仮性包茎は治療の必要がないと言われてきました。しかし、近年の研究で包茎のペニスに子宮頸癌を引き起こすヒトパピローマウィルスの存在が多い事が明らかになり、たとえ仮性包茎であっても、治療が必要になってきています。
また、仮性包茎である事をコンプレックスに思う男性が非常に多く、精神的・整容的な面から手術される方も多いです。

治療・手術におけるポイント

仮性包茎と一言に言っても症状は様々です。
あまっている包皮の長さも人それぞれで、1~2cmの場合は切る必要はなく、根元の皮膚を手繰り寄せて糸で止める方法か、もしくはカリの高さを1~2mm高くして引っ掛けるという方法。
3~4cmくらい余っている場合は、切る方法もありますが、カリの高さを3~4mm高くして引っ掛ける方法や、平均4cm長くする切らない長茎術を行うという方法もお勧めします。
5cm以上余っている場合は、切る治療もしくは長茎術とカリの形成の組み合わせ、切る治療と長茎術とカリの形成を組み合わせる手術等があります。
どれにせよ、座ったり、しゃがんだり、寒くなって縮んだりしても、亀頭に皮が被らないようにするのがポイントです。