包茎治療


包茎治療

包茎手術の種類

どんな手術においても大切なのは、ダウンタイムが短いほうがリスクが少ないことです。
手術から回復して完全に元通りの生活が出来るようになるまでの期間をダウンタイムと呼びます。
同じ整形手術でも、医師の腕やアフターケア、個人差によりダウンタイムは大きく変わってきます。その点も含め、整形手術をする際はどのクリニックがいいのかじっくりと検討することがとても重要です。
当院では、常に患者様の身体への負担を軽くし、全体のリスクを最小限に抑える手術を提案いたします。

中央部環状切開縫合術(旧式包茎手術)

20年以上前に包茎手術を受けたほとんどの方がこの方法で、ご紹介する中でも最も旧式の包茎手術です。
この方法は、包皮内板が多く残されるために、縫合部(接合面)の前後の色合いがくっきりと分かれてしまういわゆる「ツートンカラー」の症例になるなど、美観まで考慮した包茎手術とはいえない方法です。
現在ではほとんど見られませんが、一部のクリニックではこの手術方法を行っている場合もあるようです。

クランプ法

本来、勃起をしない幼児が手術を受ける場合を想定して開発されたのが、この「クランプ」という専門の器具を使用する包茎手術です。器具のサイズが最大5通り程度しかなく、器具に患部を合わせるといった手法です。器具の特性上、亀頭直下より下に縫合部が下がる傾向にあり、旧式同様ツートンカラーになる場合があります。また、使用する際に皮膚同士が強くプレスされる(縫合面)ため、座滅層といって傷が固くなりやすい傾向にあります。
15~20年前に旧式包茎手術に変わって主流となりましたが、近年クランプを使用するクリニックは減少しています。しかし、手技に高度な技術を必要としないため、経験の少ない医師やパート・アルバイト医師が多くいるクリニックではこの方法で行っている場合も多い様です。
ただし、中にはクランプを改良して非常にきれいな仕上がりを実現している熟練医師もいます。

根部形成法

10~15年ほど前に少数の専門院で行われていた方法です。ペニスの根元で余剰包皮を取り除くため、傷が陰毛で隠れることが最大のメリットですが、真性包茎の場合適応できません。また、内板がすべて残るため亀頭下にだぶつきができる場合があります。
選択肢の一つとしてこの手術法を案内するクリニックもありますが、現在は少数のクリニックを除きほとんどの専門院で現在行われていません。

亀頭直下埋没法

この方法を当院長が独自にアレンジして手術を行っています。ツートンカラーにならず、機能面と審美面を充実した手術法です。
これまで様々な手術法が行われてきましたが、15年ほど前に確立されたこの方法が現在の主流となっています。
ただし、この手術法は他の方法に比べ技術習得が難しく、経験の少ない医師が行った場合に他の方法よりも劣る結果となる場合があります。

ノン切開法

仮性包茎で余剰包皮の比較的少ない方に限り、余剰分の皮膚同士を接着剤のような薬液で接合させたり、皮膚の下の組織を糸で手繰るなど、メスを使わず簡略的に処置する方法もあります。
しかし、後々効果がなくなったり、皮膚疾患の原因になってしまったり、見栄えもあまり良くないことなどから、積極的に行っているクリニックはありません。

本田式長茎術(埋没型包茎治療)

埋没包茎は、お腹の脂肪が多いために陰茎部や亀頭部までが埋没し、皮が余って被ってしまう状態の包茎です。
もちろん痩せることが一番望ましいのですが、この部分は一度脂肪が付くとなかなか取れない場所でもあります。下腹部の脂肪を脂肪吸引法によって除去し、埋没している原因を解決しようとする医師(クリニック)が有るようですが、脂肪吸引は出血多量で患者さんが死亡してしまったり、脂肪や皮膚が垂れてきてまた埋没してしまう等という問題が多々あり、おすすめできません。
当院では、ペニスを体外へ引き出し、埋没するのを抑制して治す「長茎術」がおすすめします。この治療法は、包茎を治す効果と同時に長茎効果も得られます。